ドローン搭載型グリーンレーザースキャナ

測量機器、測定機器等の総合商社株式会社山陽測器では、ドローン搭載型グリーンレーザースキャナの取扱いも行っているようです。
現在、注目されているドローン搭載型グリーンレーザースキャナについて探ってみましょう。

◆グリーンレーザーの特徴

まずは、株式会社山陽測器で取扱っているレーザースキャナに使用されているグリーンレーザーの特徴からみてみることにしましょう。
グリーンレーザースキャナはグリーンレーザーを利用することで、陸の地形と水の底の地形を一緒に計測することが出来る大変便利で画期的なシステムを可能にしたレーザーだそうです。
通常の赤い色のレーザーとは異なり、外部からの干渉を受ける度合いが大変小さいという特徴があるそうです。さらに感度面や輝度面でも大変優れたレーザーだそうです。
グリーンレーザーは外部からの干渉をあまり受けないため、レーザー光ははるか遠くまで真っ直ぐに伸びて行くそうです。
また、赤色レーザーと比べてもその輝度は10倍以上と言われています。そのため暗闇の中でも容易に見つけることが出来るようです。

◆ドローン搭載型グリーンレーザースキャナの活用方法

次に、ドローン搭載型グリーンレーザースキャナの活用方法についてみていきましょう。
株式会社山陽測器の納入実績として、山口県河道掘削工事での事例が同社のHPにアップされています。
元々ドローン搭載型グリーンレーザースキャナは国土交通省の「革新的河川管理プロジェクト」で民間企業と研究開発に成功したものだそうですので、こうした活用方法は今後ますます増えて行くことでしょう。
さらに、国土交通省が推進しているi-Constructionにもドローン搭載型グリーンレーザースキャナで測定したデータは取り込まれて、建設業務の効率化等に大いに役立つことが期待されているようです。

◆納入実績から読み取れること

さらに、株式会社山陽測器のドローン搭載型グリーンレーザースキャナの導入事例を見てみますといくつかのことが実現されていることが分かるでしょう。
①時間の短縮
②解析トラブルの防止
地上と水の底を一緒に測定することが出来るため、そのための手間や時間が大幅に削減されるという結果に結びついているようです。
さらに面的に詳しいデータを得ることが可能なため、図面の作成も短時間で行うことが可能だそうです。
計測したその場で、簡単な解析を行うことも出来るそうですので、手戻りなどの防止にも役立てるようです。

株式会社山陽測器で取扱っているドローン搭載型グリーンレーザースキャナについて見て来ましたが、業務の効率化や労働環境の改善を考えているようであれば一度導入を検討してみてはいかがでしょうか。

3Dデータを利用したAR技術

ICT技術を活用した機器の販売やレンタルサービスを行なっている株式会社山陽測器では3Dデータを利用したAR技術にも積極的に関わっているようです。
今回はAR技術について詳しく見てみることにしましょう。

◆AR技術とは?

まずは、株式会社山陽測器のHPにも掲載されている3Dデータを利用したAR技術について調べてみましょう。
AR(Augmented Reality)技術は、日本語では拡張現実技術と呼ばれています。
実際に存在している現実の風景にバーチャルによる視覚情報をプラスするという方法をとることで、現実の世界をバーチャルに拡大することを可能にする技術がAR技術になるそうです。
最近では、スマートフォンでこうした世界を実現している例も多くあります。
例えば目の前にある現実の風景にそこにいるハズの無い恐竜や動物をバーチャル技術でプラスすることであたかもそこに恐竜などがいるように見せることが可能になります。
その結果、実在感をより強く感じることが出来るようになるそうです。
AR技術は既にさまざまな場面で活用されています。大型家具や電化製品のショッピングサイトなどでそれらの製品を実際に部屋に置いた場合のシミュレーションなどに活用されているようです。

◆建設現場でも活躍が期待

株式会社山陽測器のHPで紹介されているAR技術の活用事例は、建設現場で施工がスタートしてから完成するまでの状況をAR体験するというもののようです。
既に、3D画像などを活用した部屋の設計図などは当たり前のようになって来てはいますが、AR技術を活用したよりリアルな体験はまだ始まったばかりのようです。
けれども、こうした3Dデータを利用したAR技術は、今後ますます活躍の場を広げて行くことが大変期待されているようです。
完成したイメージを体感することが出来れば、予想していた外観と実際に完成した時の外観が大きく異なるというミスマッチを避けることも可能になることでしょう。
事前に街の景色に組み込むことで、景観を損ねてしまうような建物などを建設してしまうことや回避することも期待出来そうです。

山陽測器の情報をチェック

◆モチベーションアップにも期待

さらに、3Dデータを利用したAR技術の活用が広がることでモチベーションアップも期待出来そうです。
株式会社山陽測器では東広島バイパスの建設現場で施工ごとのAR映像の体験会のお手伝いを行ったようですが、施工途中と完成後の景色を事前に体験する機会を提供したようです。
こうした映像を上手く活用することが出来るようになれば工事に従事する人たちが完成した形をよく理解した上で作業を行なうことが出来るようになることを実現出来るかもしれません。
やはり、自分が行っている作業の完成した姿が明確にイメージ出来ていればモチベーションアップにつながりそうです。

株式会社山陽測器でもサポートを行っている3Dデータを利用したAR技術について見て来ました。ICT技術の積極的な活用の一環として今後の活用の拡大に期待出来るのではないでしょうか?

沢山の納入実績があるロードランナーとは?

株式会社山陽測器では「ロードランナー」の導入実績が沢山あるようです。
ICT技術を活用した機器として注目されているロードランナーについて詳しく見てみることにしましょう。

◆ロードランナーを導入することで何が変わるの?

株式会社山陽測器のHPで紹介されている納入実績で最も多いのが「ロードランナー」のようです。
同社によると導入実績は全国で200ヶ所以上ということですので、実に多くの現場で導入されている機器のようです。どうしてそれだけ多くの所でロードランナーが導入されているのでしょうか?
まずは、ロードランナーを導入することで何が変わるのか探ってみましょう。
ロードランナーは土木・建設現場での「高生産性システム」として注目を集めているアプリケーションソフトのようです。
このソフトを導入することで、測量は簡単に行うことが出来るものへと変化し、これまで複雑だった施工管理も行いやすいものへと変わることが期待出来るそうです。

◆ロードランナーの特徴とメリット

次に、ロードランナーの特徴について詳しくみてみることにしましょう。
多数のロードランナー導入実績がある株式会社山陽測器のHPでも詳しく紹介されていますが、もう少しかみ砕いてご紹介出来ればと思います。
ロードランナーはGNNSとトータルステーションに共通するアプリケーションソフトなのだそうです。そのため、データの共有を行うことが出来るという特徴があります。データの共有が出来ることで同じような計測を何度も行うということから解放されるのは大きなメリットと言えるでしょう。
また、任意位置での丁張り設置については、グラフィックで表されるという特徴があります。グラフィックで表されることによって丁張り設置を簡単に行うことが出来るようになるそうです。
グラフィックを見ながら測定を行うことが出来るため、設計値と施工出来形の間に差があれば、即座に判断することが出来るというメリットもあるようです。

◆働き方改革への貢献に期待

株式会社山陽測器のHPではロードランナーの導入によってコスト削減や労働者のミスの減少や負担の軽減が期待されることがアピールされています。
つまり、ロードランナーの導入によってICT技術の積極的な活用が進められることによって、業務が効率化されて、働き方改革への貢献も期待されていると言えそうです。

株式会社山陽測器ではi-Constructionのトータルサポートを積極的に行なっているようですので、ICT技術の取り入れを検討するのであれば、一度同社に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

3Dバックホウマシンガイダンスシステム導入のメリットとデメリット

i-Constructionの導入サポートを行なっている株式会社山陽測器では「3Dバックホウマシンガイダンスシステム」の導入サポートも積極的に行っているようです。
3Dバックホウマシンガイダンスシステム(3D MG GNSSシステム)を導入するメリットとデメリットについて考えてみることにしましょう。

◆3Dバックホウマシンガイダンスシステムとは?

株式会社山陽測器で3Dバックホウマシンガイダンスシステムの納入実績が紹介されていますが、どういうシステムなのか、まずは確認しておきましょう。
ひとことで言えば、丁張杭がなくても複雑な掘削作業を設計通りに正確に同時に制御することが出来るシステムだそうです。
このシステムを利用するには、GNSS受信機を利用して行うためショベルに次の機器を取り付ける必要があるそうです。
①GPSアンテナ
②ローテンションセンサー
③角度センサー
④360度センサー
GNSS受信機で受信したデータをグラフィック3Dガイダンスで利用して作業を行うことが可能になるのだそうです。

◆3Dバックホウマシンガイダンスシステム導入のメリット

次に、3Dバックホウマシンガイダンスシステムを導入するメリットにはどんなものがあるのでしょうか?
①スクリーンにパケットの実際位置が表示されるため、目で確認することが出来ない場所(水中など)での掘削作業が容易になる。
②設計書に従った作業をスムーズに行うことが可能になるため作業時間が短縮され効率がアップする。
③丁張杭を用意する必要がなくなる。
④勾配確認を行なう必要がなくなるため、作業時間の短縮が期待出来る。
⑤他のショベル等の重機で利用することが可能。
さまざまな面で従来の掘削作業をより効率的に行なうことが期待出来るシステムのようです。

◆3Dバックホウマシンガイダンスシステム導入のデメリット

それでは、3Dバックホウマシンガイダンスシステム導入のデメリットについてはどうでしょうか?
システムを導入する場合、それなりの初期費用が必要になって来ます。
多くのメリットがあることは理解出来ても、いきなり高額な費用を投資するとなると躊躇してしまうケースもあることでしょう。

3Dバックホウマシンガイダンスシステムについて見て来ましたが、多くのメリットがあるシステムであることがお分かり頂けたのではないかと思います。
株式会社山陽測器では、3Dバックホウマシンガイダンスシステムのレンタルサービスを行なっているそうですので、初期費用を抑えたい場合はレンタルサービスの利用を検討してみてはいかがでしょう。
株式会社山陽測器では多くの導入実績もあるそうですので、サポート体制も期待出来そうです。

幅広いビジネスサービス

どのようなビジネスサービスを展開しているのか確認してみましょう。

◆i-Constructionの導入支援

まずは、国土交通省主導で行なわれているi-Construtionの導入ついてどのようなサービスが展開されているのか確認してみましょう。
株式会社山陽測器では、測量だけでなく、システムのメンテナンスや運営支援まで全ての工程において提案やサポートを行なっているそうです。
導入実績は多くあるそうですので、こうした経験値を蓄積した提案やサポートを行なうことが可能なのは同社の強みと言えそうです。

◆3D計測サービス

さまざまなシーンで利用されている無人航空機(ドローン)を活用したサービスを株式会社山陽測器では展開しているようです。
ドローンをルート飛行させることで得られる写真データをはじめとしたさまざまなデータの集積を行っているようです。
こうして集積したデータを設計の工程へとつなげるサービスを提供しているそうです。
3D計測サービスは同社でトレーニングされて多くの経験を積んだ社員が、お客様と一緒に行っているそうです。
最近では、グリーンレーザーを搭載したドローンも活用されているようで、より正確で質の高いサービスが提供されているようです。

◆ICT建機取り付けサービス

建設関連の測量機器を多数取り扱っている株式会社山陽測器では、お客様が所有して建機に3Dバックホウマシンガイダンスシステムなどのようなシステムを設置して、重機の調整サービスを提供しているようです。
お客様の予算や目的に合わせたレンタル建機の提案も行ない、測量設計データや工事期間中の重機の調整サービスも行なっているそうです。
ICTを活用することで作業の効率アップのサポート業務を同社では積極的に行なっているようです。

◆施工管理・出来形管理サービス

新しいシステムを導入しても、データを十分に活用することが難しいケースもあるものです。
同社では、得られたデータを十分に活用するための提案やサポートを行っているそうです。
3次元設計データを活かしてGNSS・トータルステーションを活用することで、1人体制の測量が可能になります。
現場の生産性や効率性アップを図るためのアイディアを提示することが可能なようです。また、ICTを積極的に利用した工事の資料作成のサポートも行なっているそうです。

株式会社山陽測器が行なっているビジネスサービスについて見て来ましたが実に幅広いビジネス展開を行なっていることがお分かり頂けたのではないかと思います。