ドローン搭載型グリーンレーザースキャナ

測量機器、測定機器等の総合商社株式会社山陽測器では、ドローン搭載型グリーンレーザースキャナの取扱いも行っているようです。
現在、注目されているドローン搭載型グリーンレーザースキャナについて探ってみましょう。

◆グリーンレーザーの特徴

まずは、株式会社山陽測器で取扱っているレーザースキャナに使用されているグリーンレーザーの特徴からみてみることにしましょう。
グリーンレーザースキャナはグリーンレーザーを利用することで、陸の地形と水の底の地形を一緒に計測することが出来る大変便利で画期的なシステムを可能にしたレーザーだそうです。
通常の赤い色のレーザーとは異なり、外部からの干渉を受ける度合いが大変小さいという特徴があるそうです。さらに感度面や輝度面でも大変優れたレーザーだそうです。
グリーンレーザーは外部からの干渉をあまり受けないため、レーザー光ははるか遠くまで真っ直ぐに伸びて行くそうです。
また、赤色レーザーと比べてもその輝度は10倍以上と言われています。そのため暗闇の中でも容易に見つけることが出来るようです。

◆ドローン搭載型グリーンレーザースキャナの活用方法

次に、ドローン搭載型グリーンレーザースキャナの活用方法についてみていきましょう。
株式会社山陽測器の納入実績として、山口県河道掘削工事での事例が同社のHPにアップされています。
元々ドローン搭載型グリーンレーザースキャナは国土交通省の「革新的河川管理プロジェクト」で民間企業と研究開発に成功したものだそうですので、こうした活用方法は今後ますます増えて行くことでしょう。
さらに、国土交通省が推進しているi-Constructionにもドローン搭載型グリーンレーザースキャナで測定したデータは取り込まれて、建設業務の効率化等に大いに役立つことが期待されているようです。

◆納入実績から読み取れること

さらに、株式会社山陽測器のドローン搭載型グリーンレーザースキャナの導入事例を見てみますといくつかのことが実現されていることが分かるでしょう。
①時間の短縮
②解析トラブルの防止
地上と水の底を一緒に測定することが出来るため、そのための手間や時間が大幅に削減されるという結果に結びついているようです。
さらに面的に詳しいデータを得ることが可能なため、図面の作成も短時間で行うことが可能だそうです。
計測したその場で、簡単な解析を行うことも出来るそうですので、手戻りなどの防止にも役立てるようです。

株式会社山陽測器で取扱っているドローン搭載型グリーンレーザースキャナについて見て来ましたが、業務の効率化や労働環境の改善を考えているようであれば一度導入を検討してみてはいかがでしょうか。